読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢と小山田はまだ一緒に音楽をやっている

f:id:papapapapuffy1997:20170523213652j:plain

私の妄想である。

しかしそう考えずにはいられない。

 

『あなたが犬なら』

 

Corneliusの「あなたがいるなら」の歌詞が聴いて想像していたものと大分違っていた。

昨日までAppleMusicの歌詞の一部に確かにそう表記されていたらしい。

f:id:papapapapuffy1997:20170523203255j:plain

今日確認したが、その部分は「あなたがいるなら」に訂正?されていた。

ただのミス。そう考えてもいいが、どうしても考えられなくなった。

ファンの間では当たり前の話だが犬=小沢健二、猿=小山田圭吾(Cornelius)と表現することがある。

だからフリッパーズ界隈がこの言葉に敏感になって当然なのだ。

 

-仮にCorneliusの「あなたがいるなら」のあなたが訂正前の通り「犬」=「小沢健二」のことを言っているとしたらー

もう一度上の画像の歌詞を読み直してほしい。

 

そして仮説を立てた。

小沢健二小山田圭吾フリッパーズギターの時と全く違う形でまだつながっている。

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

フリッパーズではもうやりつくした。今度は違った形で面白いことをやろう。そうだな。誰にも気づかれない形で、俺たちだけが知ってるプロジェクトを立ち上げよう。」

1991年、二人はそう話し合いフリッパーズ解散した。

水面下で彼らの新しいプロジェクトを知るものはいない。

 

彼らの楽曲リリースの時期はいつも近い。

 

小沢健二  1993年「犬は吠えるがキャラバンは進む

小山田圭吾 1994年「THE FIRST QUESTION AWARD」

 

小沢健二  1994年「LIFE」

小山田圭吾 1995年「69/96」

 

小沢健二  1996年「球体の奏でる音楽」

小山田圭吾 1997年「FANTASMA

 

小山田圭吾 2001年「POINT」

小沢健二  2002年「Eclectic」

 

小沢健二  2006年「毎日の環境学

小山田圭吾 2006年「SENSUOUS」

※ベスト盤やライブ音源は省かせていただいた

 

一年以内の応酬である。

「小沢、次いつレコードだすの?」

「う~ん。ツアー終わってちょっとしたらかな。」

「じゃあ合わせるわ。決まったら教えて」

「OK」

 

そして2017年。

また彼らは動き出す。

 

2月22日に小沢健二が「流動体について」をゲリラ的に発売。

程なくして4月26日にCorneliusが「あなたがいるなら」をアナログ盤で発売。

更にはフジロックに二人揃って出演が決定。

そして小沢健二のHPでの「フリッパーズ再結成とかはないんで。」発言。

お笑いに例えるのならばこれ以上の前振りはない。

 

ここまでネタが上がっているにもかかわらず、冒頭の「あなたが犬なら」事件だ。

歌詞を書いたのは坂本慎太郎だが小山田圭吾がOKを出さなければこんな歌詞は書かないだろう。

ネットでそのことが話題になった翌日にはその歌詞が訂正される。という一連の動きをPCの前で笑いながら見ている小山田圭吾の姿が想像できた。

 

冒頭で述べたようにこれはあくまでも私の妄想だ。

だが今年のフジロックで何が起こるかはわからない。